さんざしが女性の生理痛みに対していい効き目があります
秋冬のとき、多くの女性の生理痛み症状がもっとひどいになります。ここでみんなに一つ生理痛み症状を改善できる民間処方を紹介します。詳しく方法は以下のようです。さんざしが30g、向日葵の種が15g、赤砂糖が30gです。まず、さんざしと向日葵が鍋に入って、よく炒めます。それから、水を入って濃い汁に煎じます。最後は赤砂糖を入って、赤砂糖が全て溶解までに煎じます。この処方は生理前の1-2日に服用します。2-3剤に続いて服用します。生理痛み症状がひどいときも服用できます。



サンザシの生理痛み症状改善処方についてアドバイス

(1)さんざしが食欲が刺激したり、血行を良くしたり、鬱血を散いたりするなどの効き目があります。女性が生理期間での周期的な下腹が痛み、或いは腰骶部位などの生理痛み症状に対してもっとも有効です。

e0309641_1642465.jpg


【全国送料無料】バラOTTO 
美容と顔手入れ 体に香を付け 子宮に滋養 健康を改善
価格: 4,750円...詳細



(2)秋冬の季節で、起居が不注意とか、性生活が頻繁とか、生理痛み症状になって、鬱血も招きます。普通のとき、きっと体の保温のことが注意します。風邪の引きを避けます。
[PR]
by kanpouten | 2013-10-11 16:43 | 健康

漢方とダイエット
by kanpouten
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31