胃下垂の処方:雌鶏と黄耆、トウジンの湯
ある友達が若いけれど、気をつけないうちに胃下垂になりました。彼は体が痩せるので、仕事の激しさを我慢できません。少々食べると腹がいっぱいになったけれど、飢えやすになります。それに、手が無力でぶるぶるで、汗も出します。そのせいで、生活が非常に困られます。最近、出張のうちに、お客さんから胃下垂について一つの民間の処方をもらった、すぐ薬に作って服用しました。作り方の詳しくは以下のとおります。材料は、朝鮮人参12g、黄耆30g、雌鶏500gです。まず、鍋に適量の水を加えて、食塩も少し入れます。次は、水で隔てて二時間で煮ります。この薬膳料理は、朝晩一回ずつに分けて食べて、お湯と肉も全部食べます。そして、一週一回でこの料理を作って、六週まで続くなら、必ず胃下垂に役に立ちます。

e0309641_1331877.jpg


胃下垂に関するアドバイス

(1)胃.脾臓の気が落ちて、陽気が上がるできないので、胃下垂になります。そのゆえに、飢えになると、汗が出し、手がぶるぶる震えるなどの症状があります。西洋医学で療法がなく、中国の漢方医学で気を補うのを強調します。胃下垂がはっきり診断するなら、もっともよい方法は労働と休養のバランスをとるということです。それなら、病状が悪化しません。

(2)朝鮮人参と黄耆が二つとも胃、脾臓の気によい効能があります。雌鶏の肉が甘くて性もあたたかいので、胃.脾臓を調理し、胃下垂をも防止できます。そして、雌鶏と黄耆、トウジンが同時に服用すれば、効果がもっとよいです。常人も食べれば、体ももっと丈夫になります。


e0309641_1334264.jpg


【全国送料無料】腹痛健胃についての腸管薬
価格: 2,980円 ...詳細


(3)晩ご飯前に、飢え過ぎることができません。飢えすぎるなら、胃の機能が退化するかもしれません。長期なら、体はもっと栄養を吸収しません。日月の積み重ねになると、胃下垂の病状が悪化します。だからご注意してください。条件が許されるとき、半杯玄米汁とシイタケが一緒に煮て、夜9時後或いは寝る前の1時間に飲んで、上述の処方に協力して治療します。作り方は、玄米が6時間くらい水に浸して、ミキサーで糊状になります。そして、シイタケが糸状に切って、玄米汁に若干に加えます。最後は鍋でよく煮ります。食べるとき、砂糖と食塩など加えるのもいいです。半杯だけで食べます。上述の処方と補佐して三週間に食べるたら、胃下垂を治すの役割がもっとよいです。
[PR]
by kanpouten | 2013-09-26 13:04 | 健康

漢方とダイエット
by kanpouten
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30