花粉症状の常識
1)春に紫外線が強くなり、皮膚過敏原因の一つになる
私たちの体は冬に長く蟄居し、体内の黒色素が減少しています;春になると、貴方が何も保護措置をしないと、自分の体を日光に露出すれば、紫外線に皮膚を焼けられすぎて、さらにアレルギーなどの花粉症状を引き起こす。特に乾燥肌で油脂の分泌が更に欠けて、肌の自己修復の条件が欠けています。



2)花粉に異性蛋白を含むのは皮膚反応の誘因
植物花粉粒に独特な蛋白質を含んで、もし肌に落ちると、大分子生物(多いときに花粉蛋白形質構造と類似)として私達の身体に侵入していますと免疫システムにと誤判定されるから、体がストレス反応が発生し、赤バッグとか、脱皮とか、かゆみとか、更にくしやみが絶えず、これら花粉症状は実が体が抵抗していると表しています。

3)補水と保湿を強化し、花粉症状を緩和できる
一旦アレルギー症状あるいはかゆみと、美白スキンケア用品、肌一新類(酒石酸成分を含む)スキンケア製品を使用中止すべき;但し、補水と保湿類の製品は性質温和だし、しかも肌に水分と油分を提供でき、春の皮膚が不適なときに適用します。水分と油を十分に補充すると、皮膚がさらに弾力性と活力があり、より最大限度に外部の様々な変化に抵抗できます。



敏安修護霜
敏感を抵抗し 皮膚の角質を除き 赤い血の筋を除き
価格: 2,980円...詳細


4)日焼け止めをキチンとして花粉源を直接接触しない、アレルギーなどの花粉症状発生率を減少
物理な日焼け止めは例えば帽子、長袖衣類等が直接皮膚に照らすことを防止できます。外出して帰った時に、最初にすることは顔を洗って、タオルで服に殘っている花粉と塵を軽く払落します。写真を撮るときに、過敏体質ではなくても花粉源にあまり近づけないように注意して、それなら花粉症状を避けできます。
[PR]
by kanpouten | 2013-07-25 17:07 | 健康

漢方とダイエット
by kanpouten
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30