警戒、10種類すっかり熟していない食品が亜ヒ酸よりもっとひどい [二]
5、新鮮なキクラゲ
致命毒素:リン類の光覚物質

原理:
新鮮なキクラゲはリン類に光覚物質というものが含めていて、この物質が光線に対して敏感であり、食べた後で太陽の照射を受けてから、食中毒になり日光皮膚炎を引き起こし、個別的な人が咽喉水腫によって呼吸が難しいになりかねない。
解毒方法:食用禁止。


6、紫紺のノリ
致命毒素:環状のポリペプチド
原理:
ノリが水で浸けた後紫紺が現れると、海中で成長する時はもう食中毒を造るの有毒物質の環状のポリペプチドに汚染されてしまってという事を示している。
解毒方法:これらの毒素が蒸しても煮ても食中毒が発生の可能性があるので、食用禁止。

7、インゲンマメ
致命毒素:サポニン
原理:
もしインゲンマメが完全に茹で上がりなくて、豆の中のサポニンが強烈に消化道を刺激しかねない、しかも、豆の中で血液凝固素が含まれているので、血液凝固の作用がある。
そのほか、インゲンマメの中で亜硝酸塩とトリプシンを含め、人体の胃腸を刺激できて、人に食中毒させ、胃腸炎の症状を引き起こしかもしれない。
解毒方法:インゲンマメ食中毒を防止するため、インゲンマメを必ず茹で上がるべきだ。


8、キャッサバ
致命毒素:亜麻仁の苦い配糖体
原理:
キャッサバの塊根が大量な澱粉を含んだが、オール株の根、茎、葉など各部位が有毒物質があり、その中で新鮮な塊根の毒性がもっと多いだ。だから、食中毒を防ぐのためキャッサバの塊根を食べる時が十分に注意すべきだ。キャッサバが含んでいる有毒物質は亜麻仁の苦い配糖体ので、生の或いは茹で上がりないキャッサバと彼のスープを食べたら、食中毒を起こしかねない。その中の原因は亜麻仁の苦い配糖体或いは亜麻仁の苦い配糖体酵素が胃酸をへって加水分解した後生み出した遊離の青酸であり、従って、人体を食中毒させる。もし一人が150~300gの生キャッサバを食用したら、中毒を起こりやすい、甚だしくは死亡さえも引き起こす。
解毒方法:
キャッサバ中毒を防ぐために、キャッサバを食用する前に皮を除き、清水でキャッサバの肉を浸けて、水素配糖体を溶解させる。一般的に6日ほど70%の水素配糖体を除去でき、加熱した茹で上がった後食用できる。

9、ソラマメ
致命毒素:クサフジの塩基の配糖体
原理:
ソラマメの種の中でクサフジの塩基の配糖体を含め、人がこの物質を食用した後、急性溶血性貧血(ソラマメの黄疸)を起こす恐れがある。春と夏二つ季節が青いソラマメを食べる時、もし調理不当であれば、時々人々を食中毒させる現象を引き起こす。しかも、一般的に生ソラマメを食べた4~24時間の後発病する。
解毒方法:ソラマメの食中毒を予防するために、新鮮なソラマメを食べないほうがいい、しかも、必ず茹で上がった後食用する。


10、ヤブカンゾウ
致命毒素:コルヒチン
原理:ヤブカンゾウは人々が大好きな料理の一種。でも、ヤブカンゾウの中にコルヒチンを含め、もし人体がコルヒチンを摂取したら、人体組織の中で酸化しられて、二コルヒチンが生成する。しかし、二コルヒチンは食中毒を引き起こす猛毒物質であり、体の胃腸道と泌尿システムを毒害でき、健康をひどく脅かしている。一つの成人がもし一回50~100gのヤブカンゾウを食べたら、中毒を起こりかねない。
解毒方法:ヤブカンゾウの中毒を防止するために、新鮮なヤブカンゾウを熱湯の中でちょっと煮てから、清水に浸けて、そうすると、大部分の水溶性コルヒチンを除去できる。そのほか、新鮮なヤブカンゾウをよく茹で上がった後調理してから食用してもよいです。それなら、食中毒の危険性は取り除かれます。
[PR]
by kanpouten | 2013-07-02 16:13 | 健康

漢方とダイエット
by kanpouten
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30