この十つの食料は女の青春を保つ[上]
女も自分が老年に入らない、永遠に青春を保つのを願いましょう。でもね、現実と向けてどうにも仕方がないのを感じます。年齢の増しとともに人間は衰老に歩みます。だが、こんな有り触れた十つ美容食料をしょっちゅうに食べると、有効的に魅力な顔を維持します。

1、マメ:蛋白質とビタミンB群の豊富な源
  すべてのマメはスーパー食料です。ありふれたのはフジマメ、枝豆、えんどう豆、インゲンマメ、ソラマメ、黒いマメ、紅マメです。
e0309641_11442850.jpg

  提議:
  毎週はマメを少なくとも4回食べ、毎度は0.5コップ(約野球の大きさ)
  マメは豊富なビタミンB群の源で、脂肪量は少ない、価格も低い、多種の蛋白質を含
め、こんないくつの理由でもダイニングテーブルの上に姿を現す必要があります。
  マメの威力は:コレステロールを降り、心臓病と高血圧と戦い、血糖を穏やか、肥満症を減らす、便秘を軽減して、憩室の病気を和らぐ(例えば大腸憩室症)、癌のリスクを減少して、特にすい臓癌、結腸癌、乳癌、また前立腺癌です。。
  多く人はマメが消化不良を引き出すことを心配します。確かにマメは消化不良を引き出しできます。それは腸の中に留める消化にくいの物が細菌に攻撃されるからです。
  次の提議はマメに引き出される具合を改善できます。1、缶詰のマメとマッシュマメは消化不良を引き出しません。2、いつも少しマメを食べなら、体はこの食料を適応し、消化不良のことも減らします。3、料理前、マメを水に浸す:マメを洗い流して選び出し、そのあと、水を2~3分間に沸かします。火を消して、マメを水に幾時間浸します。それからもう一度沸かします。その過程は、マメの大部分の消化にくい炭水化物を放出させます。あるビタミンを流しだすものの、この仕方でマメを食べると利益があります。

2、ブルーベリー:シューパー酸化防止剤
共食料:赤ブドウ、イチゴ、チェリー、クランベリー、ラズベリー、ブラックベリー、またそのほか新鮮、冷凍或いは乾燥な液果です。

提議:
毎日1~2コップを食べます。
ブルーベリーは形が小さいけれど、栄養力がとても大きい、ほかの果物より病気に対抗するもっとすごいな酸化防止剤を含めます。ブルーベリーの効力は心臓血管疾患と癌のリスクを降りて、その上健康の肌を維持して、皮膚の弛みとした瞼を助けます。
ブルーベリーは大量の抗酸化植物性栄養素があります。心臓血管疾患、糖尿病、アルツハイマー、癌、そのまた黄斑変性症と白内障など退行性の目の病気に対して、大切な役立ちがあります。また、乳癌の発病率を減少できることを示されます。ブルーベリーは下痢と便秘を緩和し、消化システムの炎症を軽くなります。そのほか、ブルーべりーはEHECを減らして尿路の健康を促します。

3、ブロッコリー:強力な抗癌武器、ベジタリアン者のアイアン補充の主な来源
  共食料:カンラン、キャベツ、カリフラワー、白菜、チンゲンサイ、マスタード、カブ。
  提議:
毎日0.5~1コップを摂取します。
  ブロッコリーと同じのアブラナ科植物の共食料は、抗癌威力が最も大きい武器です。特に肺癌、胃癌、結腸癌と大腸癌。ブロッコリーの摂取量は多ければ多くほど、結腸癌のリスクは低いです。それとも、ブロッコリーは免疫システムの能力を高め、白内障の発病率を下げます。心臓血管の健康と骨を強化し、先天的な欠陥と奇形を予防できます。ブロッコリーはこの前知られた栄養素密度が一番高いの食料の一つです。だがカロリーがとても低いで、ベジタリアンのアイアンの最高の源です。
  でも次の点はご注意してください。ブロッコリーは甲状腺腫を引く物質を含めています。摂取すぎないほうがいいと思いますが、1日2コップの量は絶対安全です。

ビューティー 美肌

4、燕麦類:コレステロールと血糖を下げるヒーローです。
  共食料:玄米、小麦胚芽、米、トウモロコシ、亜麻仁ミール、大麦、小麦、ソバ、ライ麦。
  提議:
  毎日5~7組以上のすべて穀物食料。
  燕麦のカロリー量は低い、大量な繊維と蛋白質を含め、それとも豊富なマグネシウム、カリウム、亜鉛、銅、マンガン、セレン、ビタミンB1、E、またパントテンもあります。燕麦も植物性栄養素もあって、心臓病とある癌の生み出すを減少するのに役に立ちます。燕麦はコレステロールを下げる能力は注目に値します。その中の特別な繊維がコレステロールを下げるのヒーローそうです。
  燕麦は血糖の濃度にも積極的な影響があります。コレステロールを下げできる水溶性繊維漈祥E糖、第二種類の糖尿病患者も益があります。オートミールあるいは燕麦を含める食品を食べる人の血糖濃度が、ライスとパンを食べるのより低いです。燕麦水溶性繊維は食料が胃を離れるスピードを落とし、ブドウ糖の吸収を延長できます。

5、オレンジ:ビタミンが豊富で、飲みより食べほうが良い
  共食料:レーモン、グレープフルーツ、ほかの柑橘類のフルーツなど
提議:
毎日一人前
柑橘類の果物はビタミンCとほかの大切な栄養素が大量にあります。例えばフラボノイド類、ペクチン、葉酸、リモネン、慢性病の発病率に対して重用されます。多くの研究によって、オレンジが心臓の健康を保ち、癌とか、ストロックとか、糖尿病またたくさん慢性病を予防すると言います。
かんきつ類のフルーツは内から外までも営業価値があります。オレンジプルぷ中のビタミンCの濃度はジュースの10倍です。そのために、ジュースを飲むより、オレンジを食べるほうが役に立つものである。しかし、ビタミンCは水に溶解して体に留めることができないから、毎日食物から補ってほうがよい、細胞と血液の中のビタミンCを適切な濃度を維持させます。
柑橘類フルーツの白いライニングは大量なペクチンを含めます。コレステロールの下がりと血糖の安定などについて、効果が目覚ましいです。ペクチンの摂取量を増えるため簡単な方法は白いライニングを食べるのです。ちなみにすこしピールを掘りできます。リモネンを吸収するためです。柑橘類フルーツのピールは多くの栄養があって、けれどピールを食べならば注意深く洗わなければならない、あるいはオーガニックフルーツを買いほうがいいです。

e0309641_11453841.jpg


ダイエットサプリ通販サイト:漢方店
漢方でダイエットしましょう。ダイエットサプリ、強壮剤等の漢方サプリメント通販老舗

海外激安商品現地直送通販サイト:ファームOL
会社OLさんのためのファッション、インテリア、健康用品、健康サプリメント、健康食品等
[PR]
by kanpouten | 2013-05-17 11:46 | 健康

漢方とダイエット
by kanpouten
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31