魚のどんな部位が絶対食べられないですか?
誰でも知っているように、魚が健康食物です。子供が食べると利口になり、成人が食べると心臓に有益だ。しかし、近年水汚染 によって魚類が重金属を貯めるという問題の故に、人類がだんだん魚を食べる時の安全性を重視させていきます。
例えば、メチル基水銀が典型的な魚類を通じて重金属を取り込む例です。彼が主に中枢神経 システムを侵害して、言語と記憶障害を引き起こしかねない。体内での水銀含量がちょっと基準を超えると、成人に対しての危害がはっきりと見えない、でも、胎児と児童の神経システムと認知行為を破壊でき、知力を影響します。だから、妊婦、児童と妊娠に備える女性が絶対に水銀の取り込みを減少しなければならないです。
魚の年齢が大きくなる時、魚の脳と皮の中で溜まった水銀も大きくなっていきます。200グラム以下の鮒は魚肉、魚の卵、魚の皮、魚の脳などの部位での水銀含量がとても低い、数値の違いもはっきりしない、0.02mg/kgを下回り、遥かに国家の限定含量(Hg≤0.5mg/kg)よりもっと低い、だから、まったくに安心して食用してください。魚の年齢が大きいにつれて、魚肉と魚の卵の水銀含量がはっきり変化しないのに、魚の脳と皮の水銀含量が速めに増加していきます。350グラムの鮒は皮と脳での水銀含量が少し上昇するだが、400グラムの鮒は皮での水銀含量が200グラム以下の鮒より5倍に高くなり、脳での水銀含量が意外に20倍以上に達します。
水銀含量は魚頭が一番高い、それから、魚皮、魚肉、魚の卵が徐々に少なくなります。例えば、魚頭の水銀含量が0.36mg/kgに達し、魚の卵の20倍、魚肉の15倍、魚皮の6倍です。でも、この規律が200g以下の鮒に対しては合わないです。
魚の卵を加熱した後、水銀含量が下がります。生魚と熟魚の比べ研究によりますと、魚頭、魚皮及び魚肉での水銀含量が加熱を通じても下がりません。しかし、魚の卵を加熱した後、水銀含量が大きく下がり、0.008mg/kg以下を下回ります。

だから、鮒を買う時に、250グラム以下の鮒を選ぶのが一番いい。こんな小さい年齢の鮒は体内のメチル基水銀含量がとても低い、妊婦と児童でも安心して食用できます。もし七両以上の鮒を買ったら、心配しないて、一般的には魚肉と魚の卵が非常に安全、魚頭を食べないのが一番いい。レストランへ行っても魚頭類の料理を食べないほうがいい。そのほか、“子供が魚の脳を食べると利口になり、魚の卵を食べると不器用になる”という伝統的な観念を改めるべきだ。魚の脳が普遍的に重金属を溜めりやすいので、長期的に食べるのはよくないです。魚の卵の栄養が非常に豊富で、重金属の含量も少ない、適量に食べてもよろしい。

ダイエットサプリ通販サイト:漢方店
漢方でダイエットしましょう。ダイエットサプリ、強壮剤等の漢方サプリメント通販老舗

海外激安商品現地直送通販サイト:ファームOL
会社OLさんのためのファッション、インテリア、健康用品、健康サプリメント、健康食品等
e0309641_1631448.jpg

e0309641_1631448.jpg

[PR]
by kanpouten | 2013-03-27 16:03 | 健康

漢方とダイエット
by kanpouten
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30