睡眠時間と死亡率の対照表寝すぎ
睡眠時と死亡危険率の関係は、睡眠時間が6.5時間ほどの場合で死亡率が最低、4.4時間も少ない或いは9.5時間多くの場合で死亡危険率が倍増になります。
両者が関係と影響がありますか?

影響が勿論あります。しかし、直接な比例関係がありません。

睡眠時間と死亡危険率の関係について、今までの十年来海外で多くの大き目なサンプル調査がありました。それによって、得られた結論が基本的に一致して、成年者にとって毎日7時間ほどの睡眠時間なら死亡率が最低。
西南医院の神経内科の胡俊博士は今の国内に関連した具体的なデータがありないということを話しました。
胡俊は「国外の大き目なサンプルと長時間の調査研究を通じて得た結論の意義がとても大きい、しかし、ただ統計学で説明したの現象、直接に科学根拠になることができない」と話しました。そのほか、調査サンプルについて、相当的に一部分の人、自身が疾病或いは睡眠障害がり、これが最終的な統計結果にも影響できます。その中の医学意義がまだ研究を待ってます。

睡眠時間の長さは人の寿命に対して一定の影響があるが、でも直接な比例関係がありない、睡眠時間のほか、人の基因と身体素質などの要因にも寿命の長さとの関わりが大きいということを考えました。
睡眠時間より睡眠質量がもっと重要します。
重医附一院の内分泌教授李志富がそう思いました。この「睡眠時間」と「死亡危険率」の関係図が少し道理があり、しかし、絶対とは言えない、人によって異なります。ある人がただ6時間の睡眠時間でも精一杯になり、でも、ある人が7-8時間の睡眠時間が必要。それに対して言えば、前者の身体機能が後者より強い。同じ状況で、死亡率は低い、寿命にももっと長い。


二つの専門家でも睡眠質量は睡眠時間の長さより人体の健康に対してもっと重要だと思いました。迅速的に寝っていくならば、起きるあと精一杯になり、これがいい睡眠状態、この関係図によって自分の睡眠時間を調整する必要がありません。
一般的に、医者は常に正常な成年者に毎日6-8時間の睡眠時間がいいということを建議する。60歳以上の人は毎日5-6時間の睡眠時間が必要、成年者或いは乳幼児は毎日10時間以上の睡眠時間が必要、でも、成年者にっとて毎日の睡眠時間が6時間に少なくてはいけない。
医学上で、成年者に対して毎日の睡眠時間が6時間が低いと睡眠不足になり、10時間を上回ると身体機能に対して一定の影響を与えかねない。
23時が寝っていくの最低ラインということを覚えてください。

重医附一院の内分泌教授李志富がそう言いました。比較的ないい睡眠質量が得られる時間が夜9時―11時です。この期間、人の精力が下がり、反応が鈍い、思惟が遅くなり、人たちが有効的に睡眠状態になります。
最高の睡眠時間は夜11時から翌日の6時までの期間です。でも、夜11時から翌日の3時までの期間がゴールデン時間です。この時の肝臓代謝は一番盛んでいます。もし長時間この睡眠ゴールデン時間を逸すると、睡眠障害が起きるかもしれない、身体機能の乱れにもなります。
あれらの夜生活好き人或いは残業しなければならない人は常に夜明け1時―2時に寝るに行く人は疾病と衰えたの先行者です。一時的に気づきないかもしれません。
23時が寝っていくの最低ラインということを必ず覚えてください。

ダイエットサプリ通販サイト:漢方店
漢方でダイエットしましょう。ダイエットサプリ、強壮剤等の漢方サプリメント通販老舗

海外激安商品現地直送通販サイト:ファームOL
会社OLさんのためのファッション、インテリア、健康用品、健康サプリメント、健康食品等
[PR]
by kanpouten | 2013-03-14 16:43 | 健康

漢方とダイエット
by kanpouten
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31