珍しい:ササゲを食べる事で補賢ができる
豆類蔬菜が主にインゲンマメ、ナタマメ、エンドウ、ササゲ等です、殆どの人々がそれらは比較的に多い優良の蛋白質と不飽和脂肪酸(良い脂肪)が含まれて、ミネラルとピタミンの含有量も他の蔬菜より高いことが分かっていますが、それらが重要な薬用価値 のあることを知る人が僅かです。

  漢方医が豆類蔬菜の共通性は性質が平和で、化湿補脾の効果があり、脾胃の弱い人に更に適用します。但し、種類により、それらの食事療法の作用がちょっと違います。
  インゲン豆:通常夏と秋に食べます。脾胃が弱い原因で食欲不振 、嘔吐、女性コシケなどの症状に一定の治療効果があります。糖尿病患者は脾胃が弱くてよく口舌が乾燥と感じます、常にインゲン豆を多く食べたほうがいいです。女性に対して炒めたインゲン豆を粉末にこなして、毎回6~12gを糯米又はお湯で飲むと、コシケ多いの症状を緩和できます。
  ナタマメ:味甘い、性温、脾胃暖め、通気、賢蔵に良い、元気補充の作用があります。気滞、しゃっくり、息苦しい、腰痛い等の症状に適用します。若いナタマメを煮てから食べる、又漬物に作ってから食べると、味も良いし、温和補養の作用もあります。老いナタマメはしゃっくりの治療に最も良いです。
  ササゲ:つまり我々常に呼ぶ長インゲンです。賢蔵保健、胃保養の作用を以外に、最も重要なのは賢蔵保健作用があります。李時珍はササゲを“理中益気、賢蔵補養胃保健、五臓緩和、営衛調整、精髄を生む”と褒めたことがあります。所謂“営衛”とは、漢方医が営衛二気といっている、それが善く調整されたと、人の睡眠質を十分に保証できます。その以外にササゲを多く食べると、嘔吐、しゃっくりなどの不適を市長できます。子供の食積、消化不良 時にササゲを細かく噛んでから食べると、一定の緩和作用があります。
  エンドウ:エンドウの味が甘い、性質平和、常によく食べると、補中益気、通小便。脾胃画弱い原因で食事少ない、お腹膨れなどの症状に適用します。授乳期間の女性を食べると、乳の量を多く出させます。

ダイエットサプリ通販サイト:漢方店
漢方でダイエットしましょう。ダイエットサプリ、強壮剤等の漢方サプリメント通販老舗

海外激安商品現地直送通販サイト:ファームOL
会社OLさんのためのファッション、インテリア、健康用品、健康サプリメント、健康食品等
[PR]
by kanpouten | 2013-03-12 18:06 | 健康

漢方とダイエット
by kanpouten
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31